サントリー レシピッタ -あなたにぴったり、お酒に合うかんたんレシピ-

ブロッコリー

vol.14

2010年2月10日


春を控えたこの季節は、これから花咲こうとする菜の花やカリフラワーなどつぼみ野菜が美味しく、生産量も増える時期。今回はつぼみ野菜の中でも一番メジャーなブロッコリーのアレンジレシピをご紹介!


 

この回のコラムへ

あっさりブロッコリー豆腐シュウマイ

豆腐の入ったローカロリーのシュウマイの上に、寒い季節に美味しくなるブロッコリーを載せてみました。しっかりとした旨みを持つ柔らかいシュウマイに、蒸すことでよりやわらかくなったブロッコリーの甘味がうまく調和します。ご飯のおかずとしても、お酒のおつまみとしても使える献立です。

ブロッコリーのベーコンマヨ焼きピリ辛黒こしょう味

よくあるマヨネーズを絞って焼いたブロッコリーですが、たっぷり刻みベーコンを混ぜて黒こしょうを利かせると、大人テイストに変身します。一株をゆでて余ったブロッコリーや、普段は喜ばれないブロッコリーの軸も、こうすることでうまく調理でき、残してしまうことがありません。

味噌漬けブロッコリーのチーズ焼き

味噌に漬けたブロッコリーは、中までしっかり味噌の旨みと塩味が染み込んで、これまでにない味を実現します。そこにあっさり感を補うために味噌と相性のよいチーズを絡め、コクと深みを出しました。熱々を食べれば、寒さが吹っ飛ぶようです。

ブロッコリーと具だくさんのキッシュ

キッシュは、市販の冷凍パイ生地を使えば意外と簡単。具材を炒めてアパレイユを流し込むだけという手軽さです。サクサクとしたパイ生地と、ブロッコリーがたっぷりと入ったアパレイユ生地の2つの食感を楽しむことができます。手軽なわりに豪華に見えるので、おもてなしの時や持ちよりパーティでも喜ばれるはずです。

たっぷりブロッコリーのシンプル・ガレット

ガレットはそば粉で作ったクレープで、フランス・ブルターニュ地方の郷土料理です。生地にも具にもブロッコリーを使い、その存在をアピールした料理です。今回のメニューは一般的なガレットのように卵や多量のチーズを使っていないので、よりブロッコリーの味と香りを堪能できるはず。休日のブランチや、小腹の空いた時の夜食にどうぞ。ワインとともに供せばオシャレ度アップします!

焼きブロッコリーのオレンジサラダ

網の上で焼いたブロッコリーは、香りと甘みが強調されています。ほどよい香ばしさのブロッコリーに、オレンジジュースを使ったドレッシングとオレンジの果肉が、爽やかな香りと甘酸っぱい味を加えて食べやすいサラダになりました。

ブロッコリーと白身魚の中華風煮込み

スープの中で火を通したブロッコリーは歯応えを残しつつ、かつやわらか。口内でホロリと崩れる白身魚とシャキシャキとしたレタスの歯応えとのバリエーションも楽しいです。あっさりとした鶏ガラスープがベースなので、中華料理のコースのスタートの一品としても、朝食にもピッタリです。

ブロッコリーのサクサクパン粉がけサラダ

香ばしいにんにくの香りに誘われて口にすれば、サクサクとしたパン粉とカリカリとしたくるみが印象に残ります。それがブロッコリーにちょうどいいアクセントを添えてくれます。食事の一品としても、またにんにくの香ばしさがビールを進ませるおつまみにもなるサラダです。

たっぷりブロッコリーと野菜のポテトケース・キッシュ

ブロッコリーをたっぷりと一株も使ったキッシュです。普通はパイ生地で作る台もマッシュポテトで作り、玉ねぎ、トマトを加えて野菜づくしに。ヘルシーでビタミンミネラルの補給にピッタリです。常に家にある材料だけで作ることができるので、思い立ったらすぐにできるのもうれしいポイント

マッシュ・ブロッコリーのミニサンド

ブロッコリーをすりつぶしてペースト状にし、パンに挟んだサンドイッチは、彩りもよく、一口食せばアンチョビの塩味とコクが伝わります。ゆでただけではどうしてもかさ高いブロッコリーも、すりつぶすことで一気に分量が減り、思いのほかたくさん摂れます。朝食に、お弁当に、一口大にカットしてパーティにと、使いやすい一品です。

ブロッコリーのふんわりフラン

ふわんとした食感の、目にも鮮やかなフランは、プリンと言うよりはむしろスフレのよう。薄く切ったバゲットを添えると、とてもオシャレな一皿になります。大きく作ってブランチのメインにしてもいいですし、小さく焼いて前菜や、メインの添え物に使ってもいいでしょう。

ブロッコリーの生ハム巻きソテー

ブロッコリーは、上の花の部分だけを食べる人が多いと聞きますが、実は軸の部分には花の部分とは異なった歯応えや甘味があります。このメニューは軸の美味しさを存分に味わえる一品。これを食べれば、今まで軸を捨てていたことを後悔するはず。

ブロッコリーピュレとほたてのガトー仕立て

ブロッコリーの鮮やかな緑に、ほたて貝柱の白とトマトの赤が映えて、目にも鮮やかな一皿です。しっかりとした食べ応えのあるブロッコリーのピュレを、丸い抜き型でお菓子のように盛り付けました。抜き型がなければ、そのまま下にソースのようにして盛りつけても上品に仕上がります。おもてなしの時の前菜などに提供すれば、喜ばれること請け合い。

ブロッコリーの一口シチューグラタン

バターで炒めた野菜にとろりとしたチーズとクリーミーなシチューが見事にマッチしました。仕上げの黒こしょうが味を引き締めてくれます。冷蔵庫にある野菜と、残ったビーフシチューやカレーを使っても、ビーフシチュー味、カレー味のグラタンが手早く作れます。

ブロッコリーのポタージュ

ほんのりと漂うバターの香りに、ブロッコリーのほのかな苦みとコーンの甘さがマッチしたクリーミーで飲みやすいスープになりました。その上、粗みじんに切ったブロッコリーと粒コーンの食感の対比が印象的。寒い朝に身体を温めてくれる一品として使えます。

ブロッコリーとチキンのホットシーザーサラダ

シーザーサラダの味付けを活かしながら、寒い季節でも美味しく食せるようにホットサラダ仕立てにしました。鶏もも肉を使ってコクを出しつつ、ローカロリーのきのこを加えることで全体のでカロリーを抑えています。温野菜で繊維やミネラルがたっぷりと摂れます。

チャイニーズ風ブロッコリーの塩昆布あえ 

あっという間に作ることのできる、お助けレシピです。塩昆布とごま油という、一見ミスマッチな組み合わせが意外にも美味しく、ブロッコリーがいくらでも食べられます。この料理にはむしろ軸が一番合うので、花の部分を他の料理に使い、軸をあえ物にすれば、一気に2品ができあがり。ご飯によし、酒のつまみによしという、便利なレシピです。

ピリッと甘辛 チリマヨブロッコリー炒め 

マヨネーズの風味とスイートチリソースの甘辛さが絶妙にマッチした一品。クセになる味で、どんどん箸が進みそう。ブロッコリーだけでなく、肉やえびなどの魚介類や、他の野菜を加えれば、華やかなメインディッシュにも早変わりします。

ブロッコリーのほっこりディップ

一風変ったブロッコリーのディップです。ブロッコリーの本来の味をそのままいかし、生クリームを加えてやわらかな、ホッとする味にしました。ナツメグを加えることで、単にやさしいだけの味ではなく、グッと引き締まった風味に。塩、こしょう、ナツメグを入れなければ、離乳食にも使えます。

この回のコラムへ

おとくなキャンペーン

未成年の方は会員機能をご利用できません。

サントリーIDの会員としてご登録いただいている年齢が、20歳未満の場合、「レシピッタ」でのサントリーID会員機能をご利用頂くことができません。何卒ご理解をお願い致します。