サントリー レシピッタ -あなたにぴったり、お酒に合うかんたんレシピ-

もやし

vol.21

2011年5月25日


スーパーの野菜の棚では決して主役ではないけれど、いつも存在感を漂わせているのがもやし。長年手ごろな価格の優等生で、ついつい定番メニューになってしまうことも多いのでは?もやしの新しい食べ方に挑戦しましょう!


この回のコラムへ

もやしとささみの白糸炒め 白雪あんかけ

真っ白なあんの中も真っ白にして、とにかく白にこだわった中華味の炒め物です。その穏やかな見た目や、もやしと鶏ささみのふんわりとした食感とは裏腹に、一口食せばしょうがとねぎの香ばしさとこしょうとしょうがの異なった辛みが味を引き締めています。家呑みに、友達を招いた時のおもてなしにと、どんなシーンにもピッタリです。

手巻き風もやし春巻き

健康で、懐に優しいもやしをたっぷりと使いました、北京ダックのイメージで食せるお手軽な春巻きタイプになっています。小ぶりに作って大皿に並べておしゃれなパーティーのフィンガーフードにピッタリ。また、材料を皿に盛って気の置けない友達と手巻きにしても楽しんでください。

もやしと納豆の明太子炒め

あっさりとしたもやしを辛みのある明太子と炒め合わせました。バターの香ばしさ、バルサミコの深みのある酸味が効いて美味しく仕上がります。納豆は粘り気を洗い落として加えているので、納豆が入っている感じがあまりせず、一味もふた味も違った炒め物に。ビールのお供に最適です。

ニラともやしのマーボー炒め

一口食せば、にんにくとしょうがの香りが口内に広がります。とろりとした挽き肉と、シャキシャキしたもやしの対比が食欲をそそり、ついつい手が出る美味しさに。そのままはもちろん、ご飯の上にかけて丼にしてもいいでしょう。また酒の肴としても使え、安上がりの上にボリュームがあり、すぐに作れるという嬉しい一品です。

パリパリ鶏皮ともやしの水菜のサラダ

ポン酢にごま油を加えてあるので、味も香りも中華風に。、もやしのシャキシャキとした食感に、鶏皮のパリパリがマッチしていてクセになる味です。あっさりとしているので、暑さで食欲が減退した時にも食べやすくてオススメ。酒の肴にもう一品と思い立ったら、簡単にすぐに作ってください。

かしみん風もやし焼き

かしみん焼きとは、だんじり祭りで有名な大阪南部・岸和田の粉もんB級グルメです。薄くクレープ状に焼いたシンプルな生地に、きゃべつと鶏肉、牛脂挽き肉を載せて焼きます。かしわ(鶏肉)と挽き肉状(ミンチ)にした牛脂を使うので「かしみん」と呼ばれています。今回は、きゃべつの代わりにもやしを使い、身近な食材で作れるレシピにアレンジしました。ビールが進む一品です。

もやしと三つ葉の炒めなます

もやしに、香りのよい三つ葉をたっぷりと加えた簡単な酢の物です。できたても美味しいですが、冷めると、味がよくなじんで酸味が際立って、さっぱりと食せます。2~3日なら冷蔵庫で日持ちもするので、常備菜として作っておくと、仕事で遅くなった夜などにも野菜がたっぷりと摂れます。

もやしの焼き巾着~のりの佃煮味

香ばしく焼けた油揚げをかじれば、のりの香りが口に広がります。たくあんのコリコリとした食感や、もやしのシャキシャキとした歯応えに、わさびのピリッとした辛みが利き、風味豊かな一品に。あっさりしているわりに食べ応えがあり、また家にある材料でできるので、家呑みにピッタリです。

もやしとしいたけののり巻き揚げ

最後に衣をつけずにカラッと素揚げにするので、香ばしいのりの香りがし、食欲をそそらせます。酢飯の代わりにもやしを使ったのり巻きは、あっさりとしておりヘルシーな一品で、中に巻いたしいたけの甘煮が、子供にも食べやすい味付けにしてくれます。

もやしと牛肉のピリ辛マヨ炒め

もやしの中でも特に太くて歯応えのある大豆もやしを使い、その食感を生かして作った料理です。甘辛いコチュジャンとコクのあるマヨネーズで味をしっかりとつけ、牛肉には調味料をもみこんで下味をつけています。少量の牛肉でもボリュームのあるごちそうとなり、ビールの肴として使えます。また、ごはんにもよく合うので、夜遅くにしっかり食べたい時にはぴったりです。

たっぷりもやしの涼伴三絲(リャンパンサンスー)

暖かくなった季節にピッタリの、ひんやりサッパリしたもやし料理です。いつもの涼伴三絲にたっぷりのもやしを入れて、シャキシャキとした食感を加えました。コリコリとしたくらげの食感との対比も楽しいでしょう。今回はラー油を使ったのでピリ辛の仕上がっており、酒の席の突き出しに最適です。

もやしの牛肉巻き 韓国風

もやしを牛肉で巻いて焼いているので、ボリュームあり、かつヘルシーな一品に。しょうゆ、砂糖、にんにくだけで作るタレはとても簡単。サンチュや糸唐辛子を添えれば韓国風になります。気の置けない友人を招いての家呑みに最適ですし、小ぶりに作って気取って盛りつければおもてなしの一品としても使えます。

もやしと青菜の彩り和えもの

もやしの白、チンゲン菜の緑、干しえびの赤と、彩りが豊かなあえものです。アンチョビがメインの味付けになり、それにごま油の香ばしい風味と大葉の爽やかな香りが加わりました。野菜をゆでているのでかさが減るため、たっぷりの野菜が食せます。

豆もやしとザーサイのラーメン

ザーサイのほどよく塩が効いたふくよかな味に、もやしの甘味とごま油の香ばしさが加わりました。どちらかと言うと脇役で地味な感のあったもやしとザーサイですが、このふたつを合わせると、驚くほどの美味しさに。しっかりとした食感の豆もやしの存在が、とても頼もしく、飲んだ後の締めにオススメです。

もやしとハムのからし和え

からしと酢だけというシンプルな味付けの和えもの。もやしのシャキッとした食感と、酢の香りが爽やかで、ピリッと効いたからしが味を引き締めてくれます。もやしの白、ハムのピンク、きくらげの黒と色合いもよく、おもてなしの突き出しにピッタリです。

もやしと手羽先のにんにく味噌炒め

たっぷりのもやしを手羽先でボリュームアップさせ、にんにく味噌でしっかりと味をつけました。酒の肴はもちろん、白いご飯のおかずにもピッタリの一品です。淡白なもやしに、にんにく味噌と手羽先の旨みがたっぷりと染み込み、ついつい手が出てしまいそうな一品に。しっかりと火を通しているのでもやしのかさがぐっと減り、たくさんの量でも難なく食せてしまいます。

もやしの韓国海苔風あえ  

「あともう一品欲しいな」と思いついた時に、さっと作れる簡単な酒肴です。よく冷蔵庫にある「海苔の佃煮」に、ごま油をちょっと垂らすと、あっという間に韓国海苔風味のあえものができあがります。幼い頃から誰もが知っている「海苔の佃煮」のちょっと新しい活用方法です。子供の頃からなじみのある海苔の佃煮がベースなので、家庭的で、しかもほっとする味わいになっています。

豆もやし入り!レンジで簡単シュウマイ

シュウマイに歯応えのよい豆もやしを、たっぷりと刻んで入れることでボリュームが出て、しかも豚挽き肉の使用量が減らせてと、ヘルシーな一品に仕上がります。それに、まいたけも入っているので味に深みも出ます。蒸す時には電子レンジを使うので、蒸し器がないという理由から手作りシュウマイを作るのを諦めていた人にも朗報です。

もやしとアスパラガスのアンチョビ炒め

もやしといえば野菜炒め!というぐらいによくその手の料理で使われています。今回は、その野菜炒めを洋風にアレンジしました。アンチョビが塩気と味に深みを加え、仕上げに加えたしょうゆの香ばしさが食欲をそそらせます。バゲットや食パンに載せれば、オシャレなブランチのでき上がりです。

簡単!!シャキシャキもやしのミートソース 

もやし特有のシャキシャキ感を生かし、ミートソースであえると、小さな子供から大人まで喜ばれる一品に。市販のミートソース缶詰めを使用しているので手間がかからず、時間がない時に便利。思い立ったら即作られて食卓に並べる事ができます。もやしの独特な味や匂いが苦手な人も、トマト味のミートソースとパルメザンチーズで隠してしまうので気にならずに食せます。

もやしとさば缶の炒め物~みそ風味

家に常備できるさばみそ煮の缶詰に、もやしを加えて炒めるだけで酒の肴になります。炒める時に、少しさばの匂いを感じますが、しょうがとカレー粉を加えることでその匂いを抑えた上に、味にアクセントもつきます。冷えても美味しいので、あらかじめ作っておいて突き出しとして出したり、汁気を切ってお弁当のおかずにしてもいいでしょう。

この回のコラムへ

おとくなキャンペーン

未成年の方は会員機能をご利用できません。

サントリーIDの会員としてご登録いただいている年齢が、20歳未満の場合、「レシピッタ」でのサントリーID会員機能をご利用頂くことができません。何卒ご理解をお願い致します。