サントリー レシピッタ -あなたにぴったり、お酒に合うかんたんレシピ-

ねぎ

vol.25

2012年2月27日


寒さが増すと甘みがのってますます美味しくなるねぎ。今回は、そばの薬味や中華の香りだしなどの脇役として使われることが多かった食材・ねぎを、主役に置き換えたレシピをご紹介!


 

この回のコラムへ

ねぎ鶏 柚子こしょう風味

旨みのある鶏もも肉に、甘みの増した白ねぎがこれでもかこれでもかとたっぷり。下味と仕上げに加えた柚子こしょうのピリッとした辛さと柚子の香りが味を引き締めています。味付けがしっかりめなので、酒の肴にもピッタリ。ごはんのおかずにも合う一品です。

ねぎと焼き豚の北京ダック風

なかなか気軽には食べられない北京ダックを、自宅でその雰囲気を味わえるのがコレ。さっと炒めることで白ねぎの旨みと甘みが増し、シンプルな味わいに深みを与えてくれます。小さめなのでパーティのフィンガーフードとして、またおもてなしの一品として使えます。覚えておくと便利な一品です。

ねぎのペペロンチーノ 中華風

白髪ねぎの辛みが利いた、シンプルであっさりしたパスタ。白ねぎとしょうが以外は具もないので、家族のいない時のランチや、小腹が空いた夜中に作るのがいいでしょう。また、気の置けない友達との家呑みにと、思い立った時に作ることができるレシピです。

ねぎみそマヨネーズのチーズ焼き

みそにマヨネーズでコクを加え、さらにチーズを載せて焼くことで香ばしさが出ます。あっさりとした白ねぎにボリューム感が――。ピリッとした七味の味と香りで、お酒の進む一皿です。マヨネーズとチーズの組み合わせなので、七味をかけなければ子供でも食べやすいでしょう。

豚ばらとねぎのシンプルみそ炒め

炒めたみその香りが香ばしく、火が通って甘みの出たねぎとの相性はバッチリです。旨みの強い豚ばら肉としめじを加えることで味にコクが出て、ご飯にも、お酒にも合う惣菜に。色んな場面で活躍してくれそうな一品です。

白ねぎのあっさり甘辛煮

焼いて香ばしく甘さが増した白ねぎを、さっと甘辛く煮ました。ねぎは風邪予防にもいいと言われており、風邪が流行るこの季節には持って来いの常備菜。酒の肴にもごはんのお供にもぴったりです。簡単に作れるので、忙しい時のもう一品として覚えておくと助かります。

下仁田ねぎのピリ辛ミンチ巻き

青ねぎをゆでてかさを減らし、たっぷりとねぎが食せるサラダです。冷めても美味しいですが、アツアツをドレッシングで和えて、温かいうちに食べるのがオススメ。乾煎りした桜海老の香ばしい香りと歯応えがアクセントになり、ついつい箸が進みます。冬の寒い時期に身体を中から温めてくれる一品です。

青ねぎと干しえびのホットサラダ

青ねぎをゆでてかさを減らし、たっぷりとねぎが食せるサラダです。冷めても美味しいですが、アツアツをドレッシングで和えて、温かいうちに食べるのがオススメ。乾煎りした桜海老の香ばしい香りと歯応えがアクセントになり、ついつい箸が進みます。冬の寒い時期に身体を中から温めてくれる一品です。

ねぎのホイルすき焼き

トロリととろけんばかりに煮えて、割りしたを吸ったねぎに、ふわふわのうす焼き卵を添えて食すと、一味違ったねぎすき焼きに。しょうゆ味の中に潜むねぎの甘さや程よいシャキシャキとした食感は、最後まで飽きさせません。酒の肴だけでなく、白ごはんにもピッタリです。

ねぎとチーズのあっさり焼春巻き

ねぎの甘み、チーズのコク、豆板醤のピリ辛と3種の味がひとつになったおつまみにピッタリな焼き春巻です。手軽に作れて、手でつまんでも食べられます。シンプルな具材でヘルシーな点もポイントです。

ねぎとベーコンのケーク・サレ

クセがない白ねぎは、塩味の食事ケーキ「ケーク・サレ」に、たっぷり一本使用しても意外にもマッチします。白ねぎとチーズの入った生地の、こんがりとした焼き上がりは香ばしい香りが――。パウンド型でなければ切る手間も省け、手で持って食べられるので、パーティのフィンガーフードにもピッタリ。

ねぎとほたてのこっくり炒め

薄切りにしてじっくりと炒めた白ねぎは、甘みが増してかさが減るので沢山食べられます。爽やかな大葉の香りが食欲をそそり、貝柱のエキスがシンプルなわさびしょうゆに深みを加えてくれます。アボカドの軽やかなコクで味に厚みが増し、熱を通したわさびのまろやかな辛みがアクセントになって食材の甘みを引き立てています。お酒との相性がいいのでもてなしの一皿に、家呑みの肴にもいいでしょう。

ねぎだらけ蒸し ピリ辛ダレ添え

水を使わずに、素材の持つ水分だけでじっくりと蒸し上げて、そのものの甘みを存分に引き出します。しょうがとにんにくが利いたピリ辛のタレはごま油の香りが食欲をそそり、美味に。シンプルでヘルシーな蒸し物なので、様々なねぎがたっぷりと摂れます。酒の肴だけでなく、ピリッと辛いタレは白ご飯にもぴったりで、気の置けない友人との家呑みや、女子会の一品としても使えます。

ねぎとはんぺんの揚げ焼き レモンバターソース

はんぺんにたっぷりと万能ねぎを加えて揚げ焼きにしました。和の素材の組み合わせが、レモンバターソースで食すと洋風に。はんぺんの白に万能ねぎの青、レモンの黄色が目にも鮮やかです。バターの風味とコクが、発泡性のあるお酒にピッタリです。

ねぎサラダの蒸し豚巻

豚肉にまぶしたしょうがやすりごまの香りが食欲をそそり、口に入れれば酢の爽やかさに後からコチュジャンのピリッとした味が広がります。野菜の甘みを感じる、ボリュームたっぷりなねぎサラダです。見た目も豪華なので、おもてなしの一品にピッタリ。気の置けない仲間となら、ざっくりとした盛り付けにして出し、サラダ菜に巻いて手で豪快に食べるのもいいでしょう。

もち入りねぎきんちゃく煮

しっかりとだしが浸み込んだ油揚げを一口噛むと、口内にだしとねぎのやさしい味が広がります。餅が入っているので腹持ちもよく、酒の肴にもフィット。巾着の形がかわいいので、おもてなしの一品としても使えます

青ねぎ白ねぎたっぷりのシンプル鴨鍋

ねぎと鴨肉は、「鴨が葱を背負ってくる」という言葉があるほど、相性バツグンな取り合わせ。鴨肉そのものの美味しさもさることながら、鴨肉から出る濃厚なダシがねぎに染みます。今回はねぎは細く切り揃えたので、さっと火を入れただけでシャキシャキした歯応えと香味を楽しめますが、じっくり煮込めば、トロトロとなった甘~いねぎの旨みも楽しめます。具は少なく、素材を味わうシンプルな鴨鍋です。

油揚げのサクサクねぎチーズ焼き  

大判の油揚げに、青ねぎを豪快に載せて、とろけるチーズで包み込むように焼き上げています。油揚げがこんがり焼けてサクサクし、そこにトローリとしたチーズが合わさり、一口食べると、ねぎの香ばしい香りが口内に広がります。冷蔵庫に常備されている食材でぱっと手早くできる酒の肴で、急な来客や、あともう一品欲しいという時のためのお助けレシピです。

白ねぎとえびの香り揚げ

大葉の爽やかな香りに白ごまと青のりの香ばしさが食欲をそそります。一口含めば、火の通った白ねぎ特有の香りと甘みが、えびの旨みとよく合っています。竹串に刺してあるので手軽に食べられ、夕食や家呑みの肴としてだけでなく、パーティーの一品としても重宝します。

白ねぎと餅のラザニア風グラタン

和の食材・白ねぎを、寒い時期に食べたくなる洋の料理・グラタン風にした一品で、白ねぎ、餅を交互に重ねたのでラザニア風の仕上がりになっています。火が通って甘くとろけそうになっている白ねぎに、柔らかい餅とミートソースが絡み、腹持ちもよく、寒い季節のブランチや、夜食にもピッタリです。

ねぎとカシュナッツのみそ炒め

口に含むと、白ねぎの甘さの後に、唐辛子のピリッとした辛みと、甘くて濃いコクのある味が広がります。カリカリとしたカシューナッツの歯応えと香ばしさがアクセントになって箸の進む一皿です。酒の肴にピッタリです。

下仁田ねぎのフライ ロメスコソース

スペインでは代表的な焼きねぎですが、今回はフライにして火を通すことで歯応えを残しつつ甘みを引き出しました。ロメスコソースもまたスペインの代表的なソースで、アーモンドの風味とコクが甘みのある下仁田ねぎのフライによく合います。

この回のコラムへ

おとくなキャンペーン

未成年の方は会員機能をご利用できません。

サントリーIDの会員としてご登録いただいている年齢が、20歳未満の場合、「レシピッタ」でのサントリーID会員機能をご利用頂くことができません。何卒ご理解をお願い致します。