サントリー レシピッタ -あなたにぴったり、お酒に合うかんたんレシピ-

トマト

vol.39

2014年9月1日


一年を通して豊富に出回っているトマト。でも気がつけばついつい切っただけのものをメインの添え物に、サラダの彩りにしているのが現状のようです。今回は、“一皮むけたトマト”と出合えるレシピをお届けしますので、ぜひ食卓での参考にしてください。


この回のコラムへ

びっくりトマトエキススープ

トマトをミキサーで撹拌してエキスと固形分に分け、エキスを楽しむスープです。900gのトマトから400ml出てくるエキスは、トマトの旨みだけがギュッと濃縮されているよう。薄い金色の透き通った液体を一口含むと、口内にトマトの爽やかさ、甘み、旨みだけが一気に広がります。トマトの力強さを再認識する一杯です。食事のスターターに、メインの合間の口直しに、また二日酔いの朝にもオススメです。

ホームメイド・ドライトマト・サブレ

お酒を飲む時に、あまりお腹が空いていない時にオススメな、自家製ドライトマトがたっぷり入った甘くないクッキーです。トマトと相性抜群のチーズ、それにバジルも入って、これだけでも十分満足できるのですが、一口サイズに作って上に生ハムを載せれば、オシャレなフィンガーフードにもなります。

豚肉と小松菜のトマトあんかけ丼

緑の小松菜に赤いトマトの色合いが目にも鮮やかで食欲をそそるはず。生のトマトをすりおろして煮込んでいるので、トマト缶を使うよりもあっさりと仕上がり、そこに黒酢がまろやかな酸味を加えます。休日のブランチや、お酒を飲んだ後の締めにピッタリのご飯ものです。

ささ身とチーズのトマト蒸し

脂肪分の少ない鶏のささみに、甘みと酸味のあるトマトを合わせて、コクのあるチーズを重ねて加熱しています、あっさりしているのに満足感はバッチリ。ささ身にもみ込んだしょうがが、食欲をそそるはず。カロリーが気になる人に、ピッタリの一品です。

完熟トマトの牛肉炒め

短時間に作ることができて、ご飯ともパン、パスタとも相性抜群という使いまわしのきく一品です。小麦粉をまぶして焼いた牛肉はツルリとして口当たりもよく、ソースもたっぷりと絡んで食べやすくなっています。トマトにほうれん草と、身体にいい野菜を手軽にたっぷりと摂ることができるので、体調を整えるのに役立つかもしれません。

フレッシュトマトとえびの甘酢あん

食欲がない時でも、爽やかな甘酢あんは食べやすく、そこにトマトがさらに爽やかさを添えてくれます。忙しい時でも、具材の準備が出来ればあとはさっと強火で炒め合わせればいいので、意外と短時間に調理することができます。具材を増やしておもてなしに、ありあわせで日常のおかずにと、色んな場面で使えるのも嬉しいポイントです。

フライドトマト~生ハム巻きトマトのフライ

トマトを生ハムで包んでフライにしました。熱が加わったトマトは、トロリと柔らかくなり、酸味よりも甘みを感じ、周りを包む生ハムの塩味がそれを引き立てます。熱々でも冷めても美味しいので、ホームパーティで供せば、その意外な食感と味に驚くことまちがいなし。

焼きトマトディップ

じっくりと焼いたトマトを使ったサルサディップです。一度焼いたトマトは青臭さが消え、甘みが出ています。温かいままでも、よく冷やしても美味しいので、チキンソテーやカッペリーニのソースにすることもできます。あらかじめたくさん作って瓶に入れておけば、急なホームパーティや、持ち寄りパーティなどに重宝するでしょう。

真っ赤なトマトのライスピザ

トマトを、生地にもトッピングにも沢山使った赤いピザは、トマトの旨みと甘みがたっぷり。生と加熱したトマトの両方の美味しさを堪能できる、まさにトマト好きのための一品です。あらかじめトマトライスを作って冷凍しておけばすぐにできるので、急な来客にも慌てずもてなせます。女性ばかりのランチパーティや、家でゆっくり飲みたい時などにピッタリです。

ミニトマトのヨーグルトリキュール シャーベット

冷凍してヨーグルトリキュールをかけるだけで、簡単に大人向きのデザートが出来上がります。口に入れると冷たく、ヨーグルトリキュールの酸味にトマトの甘みが相まって、ついつい手が出ます。好みで炭酸水少々を注げばトマトヨーグルトカクテルにも早変わりです。女子会や家でのおもてなしにピッタリな一品です。

トマトとタプナードのタルト

ぎっしり敷き詰めたトマトの鮮やかな赤に、白いマスカルポーネチーズが映える、オシャレなタルトです。タプナードは、黒オリーブをペースト状にした南仏の食材で、焼いて甘みの増したトマトに、酸味とコクのあるタプナードが絶妙のバランスです。酸味のあるマスカルポーネが、バターをたっぷり使ったパイ生地をあっさりとさせています。冷やした白ワインとともに供せば、パーティも一層盛り上がること間違いなしです。

トマトといんげんのじゃこチーズ炒め

熱を加えてトロッとしたトマトといんげんに粉チーズがコクをプラスし、ちりめんじゃこが旨みと食感をアクセントを加えてくれます。簡単に早くでき、ビールによく合うので、急な来客や、思い立った時にも即対応可能。覚えておくと役に立つレシピです。

トマトととうもろこしのスイーツ風仕立て

赤いジュレとクリーム色ムースが層をなす様は、一瞬スイーツ?と勘違いしてしまいそうな華やかさ。ホームパーティのオードブルやお招きのスターターにピッタリです。湯むきしてタネやワタを除いたトマトは口当たりがよく、ゼリーと合わせても違和感がありません。一口含めば、トマトの爽やかな青さと、とうもろこしの香ばしさ、クリームの濃厚さが口内で渾然一体となり、少量でも存在感のある一品に。

山芋とドライトマトの炒めもの

セミドライトマトと山芋をいっしょに炒めると、セミドライトマトの塩気と旨みが全体にいき渡り、コクを生み出します。たっぷりとかけた黒こしょうが絶妙のアクセントになり、あっさり、さっぱりしているのに、その歯応えも相まって、ついつい手が出そうな一皿に。急に飲みたくなった時や、急な来客にも即対応可能な、目新しいおつまみです。

トマたまらーめん

この頃流行のトマトラーメンが、手軽にたっぷりと楽しめます。上に載せたトマトと卵の炒め物が、あっさりとしたラーメンにコクとごま油の芳ばしい香りを添えています。飲みの締めだけでなく、休日のお昼ご飯や夜食にもピッタリな一品です。

フレッシュトマトと玉ねぎのサラダ~青じその香り~

赤、白、緑の色彩が、目にとても鮮やかで食欲をそそる一品。シンプルな素材のそれぞれの味が互いを引き立て合い、いつ食べても安心できるメニューです。家にあるもので簡単にできるのも嬉しい点。軽くトーストした薄切りバゲットに載せれば、オードブルとして、厚切りのパンに添えれば、休日のブランチにもピッタリです。

チェリートマトのミートグリル ナツメグ風味

チーズの海に、赤いチェリートマトの水玉がプカプカ浮かんでいる可愛いタルトのような一品。一口含むと、熱が入って柔らかくなったトマトが潰れ、甘いジュースが口内に広がります。ミートソースと同じような材料なので相性の良さはいうまでもありません。それでいて素材それぞれの旨みを楽しむことができます。おもてなしの酒の肴としても、バゲットなどを添えて休日のブランチにもピッタリです。

トマトとわかめの中華風冷菜

冷蔵庫でキンキンに冷やして味がなじんだ和え物は、暑い季節に嬉しい一皿。トマトさえあれば、あとはほとんど家にあるものでできるので、もう一品欲しいと思った時の強い味方。夜遅く飲みたくなった時でも、簡単にできてヘルシーなのも嬉しいポイントです。

トマトちゃんぷるー

大きく切ったトマトがゴロゴロと入った、ジューシーな沖縄の炒め物・ちゃんぷるーです。あっさりとしているのに、豚肉とトマトの旨みが相まって、そこにトマトの持つ酸味と甘みが深さを加えています。酒の肴は勿論のこと、ご飯のおかずにもピッタリで、定番の一皿になること請け合いです。

トマトとハムのリゾット

トマトジュースと生のトマトのダブル使いで、トマトの香りと旨みがぎっしりと詰まったリゾットです。トマトの軽やかな酸味が食欲を増進してくれるので、暑さの厳しい季節でも食しやすい一品に。おもてなしや休日のブランチにオススメです。

干しトマトのオリーブレモンオイル添え

半分に割って天日に干すことで、トマトの持つ旨みと甘みがぐっと増します。天気のいい朝一番にベランダに出し、家に戻って取り入れれば、これで完成。レモンを利かせたオリーブ油は、軽やかでかつ爽やか。食欲が減退しそうな暑い季節でも、美味しく食せそうです。残ったら、トマトを使う料理に加えると、味に深みが増します。

ウオツカ・チェリートマト

よく熟して甘みの乗ったプチトマトが口の中で弾けると、なんとブラッディマリーに早変わり。お酒を楽しむことが好きな面々が集まった時のオードブルやおつまみに最適な、さっぱりとしたプチトマトのピクルスです。

この回のコラムへ

おとくなキャンペーン

未成年の方は会員機能をご利用できません。

サントリーIDの会員としてご登録いただいている年齢が、20歳未満の場合、「レシピッタ」でのサントリーID会員機能をご利用頂くことができません。何卒ご理解をお願い致します。