サントリー レシピッタ -あなたにぴったり、お酒に合うかんたんレシピ-

里芋

vol.54

2017年9月29日


年中店頭に並んでいる里芋ですが、旬は秋から冬にかけて。里芋は丸みがあって、手に取ってみて重みがあるものを選ぶといいでしょう。里芋の美味しさは柔らかい食感と自然なぬめりにあります。そのぬめりがあるために、皮むきが面倒に感じることもあるかもしれませんが、ひと工夫するとその手間を省くこともできます。多様なレシピを参考にして里芋料理を作ってみませんか。


この回のコラムへ

里芋のはさみ揚げ

カレー風味の肉だねを里芋で挟み、たっぷりのパン粉をまぶしてカラリと揚げます。コロッケを食べているような感じですが、作り方は一般的なコロッケよりも簡単なので、時間がない時などにオススメです。好みでトマトケチャップやソースをつけて食してください。

里芋ごはん

存在感を出すために、大きめに切った里芋がメインの食べ応えのある混ぜご飯です。里芋と相性のいいごぼうも使い、それぞれをカラッと油で揚げてコクをプラスし、炊き立てのご飯に混ぜます。里芋のホクホクとした食感と香ばしいごぼうの組み合わせがクセになりそうです。

里芋の練りごま和えサラダ

柔らかくゆでて滑らかにマッシュした里芋のサラダです。中には角切りの里芋が入っているので、ねっとりとした食感の中にホクホクとした里芋を楽しむことができます。コクのある練りごまとしょうゆ、だしのシンプルな組み合わせは食べ飽きません。

里芋の揚げまんじゅう

薄い煮汁で煮た柔らかい里芋を潰してまんじゅうにします。中にはしいたけとえびを入れて旨みと食感をプラス。片栗粉をまぶして揚げた里芋まんじゅうは外はカリッと、中は柔らかく仕上がっています。一見すると和食店で出て来そうな一品は、おもてなし料理に最適です。

里芋とツナのオーブン焼き

お酒のおつまみにもピッタリな一品です。作り方はとても簡単なので、材料があれば思い立ってすぐにできます。ツナ缶を使っているので、加える調味料もしょうゆだけ。日持ちもするので、作り置きおかずとしても重宝します。

トマトと豚肉の里芋ピザ

小麦粉の代わりに里芋を生地に使ったヘルシーなピザです。ゆでて柔らかくした里芋を使用しているので、冷めても堅くなりにくいのが特徴。今回は老若男女が食べやすいようにトマトケチャップを塗って、定番のトマトや玉ねぎをトッピングしました。

里芋とトマトのアンチョビグリル

しっかりした旨みと塩気のあるアンチョビと黒こしょうのみで味付けをした里芋は、おつまみに最適です。グリルしたミニトマトはとろりとして甘みが増し、それを里芋に絡めて食べるのもいいでしょう。にんにくは控えめにしていますが、好みで加減してください。

里芋たっぷり のっぺ

新潟の郷土料理であるのっぺの最大の特徴は、自然なとろみです。里芋がメインの煮物は、しょうゆとだしの味が利いたさっぱりとした味付けなので、煮汁といっしょに食します。温かくして食べるのは勿論ですが、冷たくして食べると、違った味わいが楽しめます。

マッシュ里芋のディップ~ローズマリーの香りで~

和食に使うイメージが強い里芋を洋風にアレンジしました。里芋をマッシュポテトに見立て、クラッカーに載せて白ワインに合うおつまみに仕上げています。ローズマリーの香りと生クリームの濃厚な味わいが里芋のクセを和らげ、食べやすい味にまとめています。

里芋の和風ジャーマンポテト

ドイツ料理のジャーマンポテトはその名の通りじゃがいもで作りますが、今回は里芋を使ってねっとり感を楽しみます。味付けはしょうゆと味噌(麦味噌がオススメ)で和風にし、炒める際にあえて焼き色がつくように香ばしく炒めることが美味しさのポイントです。

里芋と明太子の焼きまんじゅう

適度な粘りのある里芋を使った、手軽に作ることができる焼きまんじゅうです。里芋を使うことで、余分なつなぎがいらず、少ない材料で作ることができます。明太子が味のベースになっているため、調味料もしょうゆだけとシンプルです。

里芋・たこ・厚揚げの煮物

里芋の煮物という定番料理に、厚揚げとたこを加えてボリュームアップ。それぞれの食感や旨みは異なりますが、たっぷりのだしと焼酎で煮ているので、一体感が出ています。また、里芋やたこの自然な色を損なわないように淡口しょうゆで味付けをすることで美しく仕上がります。

里芋のアーリオ・オーリオ

里芋のねっとりとした食感に食欲を刺激する香りのにんにくと、ピリリと刺激的な赤唐辛子の風味がマッチしています。仕上げにパセリを散らして彩りと香りをプラスして仕上げます。白ワインとは抜群の相性。少ない材料と調味料でできるので、覚えておくと便利な一品です。

里芋とれんこんのそぼろカレーグラタン

里芋と歯応えのいいれんこんをだしでじっくり煮てからグラタンにします。調味料は市販のカレールウのみなので、手軽に作ることができます。使用するカレールウは甘口でも中辛でもいいので、好みのものを使用してください。里芋の優しい味わいとチーズのコクが絶妙に合っています。

揚げ里芋の柚子味噌和え

里芋と相性がいい味噌に爽やかな柚子の風味をプラスしています。片栗粉をまぶして揚げた里芋は外はカリッと中はホクホクの食感に。その揚げたての里芋にやや甘めの味噌ダレを絡めています。冷めても美味しいので、あらかじめ作っておけるのが便利です。

里芋とカマンベールチーズの簡単グラタン

ホクホクとした里芋と香ばしい焼き色がついたカマンベールチーズの組み合わせは、後引く美味しさです。白カビのついた旨みの強いカマンベールチーズを使うのが美味しさのポイント。牛乳と味噌で作った簡単なソースは濃厚な旨みがあり、全体をひとつにまとめています。

里芋と鶏そぼろの炊いたん 柚子の香り

「炊いたん」とは、京ことばで「●●を炊いたもの(煮込んだもの)」とうい意味です。今回は白だしを使って上品な色合いの煮物に仕上げました。里芋は皮むきが面倒ですが、電子レンジを使って下処理をすると、簡単に皮むきができます。

里芋と豚肉のオイスターソース炒め

煮物によく使われる里芋を中華風の炒め物にしています。濃厚な旨みのあるオイスターソースを使って、やや濃いめの味付けにすることで、お酒のおつまみとして楽しめるようになります。シンプルな炒めものですが、ついつい食べ進んでしまう味です。

里芋の磯部揚げ

里芋は揚げることで、ホクホクした食感になり、里芋の香りや風味を楽しむことができます。天ぷら粉にたっぷりの青海苔を加えて爽やかな風味をプラスしました。下味などを何もつけていないので、揚げたての熱々に良質の塩をつけて食べるのがオススメ。

里芋のポン酢煮

適度な酸味のあるポン酢で里芋を煮た一品です。ぬめりがあってほっくりとした里芋の食感をいかすために、里芋は煮崩れない程度の柔らかさになるまで煮ます。里芋と対照的な食感のれんこんを加えることで、飽きずに食べられるような工夫をしています。

里芋の豆乳クリーム煮

鶏肉の旨みが溶けだした豆乳ベースの煮汁で里芋をじっくりと煮ます。豆乳の優しい味わいにしょうがの風味が全体を引き締め、豆乳のコクと里芋の甘さが印象的です。里芋のぬめりが豆乳に自然なとろみをつけているので、少しトロリとしています。

この回のコラムへ

おとくなキャンペーン

未成年の方は会員機能をご利用できません。

サントリーIDの会員としてご登録いただいている年齢が、20歳未満の場合、「レシピッタ」でのサントリーID会員機能をご利用頂くことができません。何卒ご理解をお願い致します。