サントリー レシピッタ -あなたにぴったり、お酒に合うかんたんレシピ-

豚肉

vol.46

2016年6月13日


日々食卓で活躍している豚肉ですが、ふと気づくといつも同じ料理になっているということはありませんか?今回はそんなマンネリを打破すべく、これまでにない新しい料理や、いつものレシピに一工夫加えたものを紹介します。


この回のコラムへ

フルーティ・ロールポーク 

甘酸っぱい味と豚肉は相性抜群で、薄切り肉でフルーツを巻いて焼くだけで、その相性を取り込んだおしゃれな一品が出来上がります。薄切り肉の上に、タンパク質分解酵素を含んだ南方系のフルーツを巻いているので、肉が柔らかくなってとても食べやすくなります。そのまま盛ってもいいですが、一つずつピックに刺して並べると、おしゃれなフィンガーフードに早変わりします。

中華風ローストポーク

ほんのりと香る八角の香りが、遠い異国のイメージを掻き立ててくれそうなローストポークです。漬け込みさえしておけば、あとは魚焼きグリルで焼くだけと簡単。この取り合わせのまま熱いご飯の上に載せてタレをかければ、あっという間に丼に変身します。冷めても美味しいので、酒の肴だけでなく、お弁当のおかずにもピッタリです。

豚肉ときのこのこってり豆乳煮

豚肉の入った濃厚なクリーム煮のようでありながらも、豆乳を使っているのでカロリーは抑えめで後味もさっぱりとしています。思い立ったらすぐにでき、ご飯やパスタを添えれば休日のブランチや、仕事で遅かった日の晩ご飯にもピッタリ。テーブルに供すとおしゃれな雰囲気にしてくれます。

豚肉とザーサイのレタス包み

豚挽き肉に豆腐を加えているので、通常の挽き肉炒めよりしっとりして食べやすく、しかもボリュームもアップされ、満足感もあります。しっかりとしたコクのある味付けは、酒の肴だけでなくご飯のおかずにもピッタリです。

豚肉と根菜のカリカリ炒め

豚肉をさっぱりと食せ、しかも沢山の野菜といっしょに味わえるので、食欲が減退しがちな暑い時期などにオススメ。揚げたごぼうやれんこんのサクッとした歯応えと、素材によく染み込んだ味が食欲をそそります。片栗粉をまぶして揚げた豚肉は、柔らかく、おもてなしの一品にもピッタリ。冷めても美味しいので、お弁当のおかずに使ってもいいでしょう。

豚のから揚げごまみそ絡め

カラリと揚げた豚肉に、豆板醤をピリッと利かせた一品。しっかり味のごまみそダレを絡めて食すと、酒との相性はバッチリ。下に敷いた千切りキャベツも、いっしょに食べると野菜がたっぷりと摂れます。味付けがしっかりしていてご飯と相性がいいので丼にしたり、お弁当のおかずにもできます。

豚バラとねぎのこしょう炒め

豚肉と長ねぎだけといったシンプルな料理ですが、黒こしょうの爽やかな香りとピリッとした辛みが、カリッと焼きあがった豚肉の脂の甘みと旨みを引き立てます。長ねぎの甘さが絡み合った味わいのあるおつまみです。冷めると脂が固まるので、焼き立てで熱々のうちに、長ねぎといっしょに食してください。

豚肉とカシューナッツ炒め

中華の名菜・鶏肉とカシューナッツの炒め物の豚肉バージョンです。大きめに切った豚もも肉は食べ応えもあり、満足感のある一品です。しょうゆだけのシンプルな味付けですが、豚肉に下味をよく揉み込んであるので、少しの調味料でも全体にはしっかりと味がついています。酒の肴だけでなく、ご飯のおかずにもピッタリです。

豚しゃぶミルフィーユカップ

スプーンで食べられる、カップに入ったオシャレなサラダです。シャキシャキとした水菜やにんじんの下に、トロリとした豆乳ソースをまとった豚しゃぶが隠れています。豆乳ソースはあっさりとした塩味ですが、バターの香りとコクが味に深みを加え、トマトの角切りが酸味を添えてくれます。豆乳ソースがいきわたるように、ざっくり混ぜてなじませ、スプーンで食してください。オシャレなビジュアルは、おもてなしの一品やパーティで供しても話題になること請け合いです。

粗叩き肉のモチモチ焼き豚まん

フライパンで蒸し焼きにした豚まんは、底はカリカリに、上はふっくらモチモチとし、この二つの食感が楽しめます。中の具は、自分で叩いた食感が残る豚肉に、干しシイタケの戻し汁、みそなどで旨みをたっぷりつけるとジューシーさもあってひとしおの旨さに。蒸し器が不要なので、気軽にチャレンジしてください。

豚肉のスティックフライ

細長いとんかつと思って一口噛めば、梅干しの酸味と大葉の爽やかさと、シャキシャキとした長芋や磯の香りのするトロリとしたチーズ入りの意外なものに。下ごしらえの手間もあまりなく、生でも食べられるものを巻いたので、揚げ時間も短くてすみます。指でつまんで食せるので、友達との家呑みや、パーティのフィンガーフードにもオススメです。

カレー風味のカリカリ豚載せサラダ

カレー粉で味付けしたカリカリの豚バラ肉と、シャキシャキした水菜の歯応えの違いが楽しいサラダです。しっかりと焼き付けた豚バラ肉は脂分も落ち、カロリーが気になる人でも安心。カレーの香りの中にほのかに香るにんにくが食欲をそそります。そのままサラダとしてだけでなく、パンに載せてオープンサンドにしてもいいでしょう。

塩豚のとろとろ煮

粗塩をすり込んでじっくりと塩気を染み込ませた豚もも肉を、根菜とともに煮込むと、豚肉の旨みと塩気がスープに溶け出し、野菜の甘さが豚肉に入ります。豚肉は、旨みがあってしっとりとした仕上がりです。家でゆっくりしたい時、気の置けない友人のおもてなしなど、色んなシーンで活躍しそうな一品です。

豚肉とオクラの和え物

薄切りの豚肉を、柔らかくゆで、もやしとオクラなどの野菜といっしょに、しょうがの利いたしょうゆだれで食します。上に載せた卵黄がコクを出し、かつお節が旨みを、ごま油が芳ばしい香りを添えてくれます。一つの鍋で全てゆでてしまえるので、忙しい日でも後片付けが簡単。食後をゆっくりと過ごすことができます。

豚肉のあっさりみそ煮

ボリュームたっぷりのブロック肉で作ったみそ煮は、芳ばしい香りと、甘辛い味が後を引きついつい手が出てしまいそうな美味しさ。見た目が豪華なので、おもてなしの場に出せば、場が盛り上がること請け合いです。しっかりと味がついているのでお酒の肴だけでなく、ご飯にもよく合います。多めに作っておいて翌日の弁当にいれるのもいいでしょう。

オレンジ香る豚しょうが焼きバーガー

爽やかなオレンジの香りのする豚のしょうが焼きを焼いて甘みの出た玉ねぎといっしょに、バーガーバンズでサンドしました。しょうがとワインに漬け込んだ豚肉は柔らかく、味も濃厚。しっかり食べたと満足できるはず。休日の昼ご飯や友達とのBBQなど、色んな場面で活躍しそうな一品です。

ウイスキー香る 大人のポークソテー

ポークソテーというと、どうしてもケチャップソースやしょうが焼きなどの定番になってしまいがち。そこでウイスキーでアクセントをつけ、バターのコクが利いた和風のソースで仕上げました。一口食べれば、ほろ苦い味わいが口内に広がり、ウイスキーの香りが鼻に抜けていきます。特別な記念日や大切な人をもてなしたい時にピッタリな一皿です。

にんにくみそ豚のおむすび仕立て

豚肉と相性のいいにんにく、しょうが、みそ、白いごはんを全部組み合わせました。芳ばしく炒めたにんにくとしょうがの香りが食欲をそそります。ごはんを茶碗に入れて肉みそを載せてもOK。二杯目はだし茶漬けにして、ひつまぶしのように食すのもいいでしょう。気の置けない友人との家呑みの締めなどに使えます。

スペアリブのペプシ煮

スペアリブをペプシコーラで煮込むと、肉が柔らかくジューシーに仕上がります。出来上がりはペプシコーラが入っているのがわからないほど。知らせずに出して、あとからそれを使っていることを明かすと、驚くこと間違いなし。友人のおもてなしにピッタリです。

豚ヒレのスパイシー揚げ

肉を柔らかくして風味を加えるヨーグルトや、食欲をそそるカレー粉を混ぜ合わせたタレに脂分が少ないヒレ肉を漬けて揚げました。カラッと揚がったパン粉の芳ばしさとともに、カレー粉やパプリカの香り、食べればチリパウダーの辛みがアクセントになります。沢山作って気の置けない友達とのホームパーティのメインに、小ぶりに作ってピックに刺しておつまみにと、色んなシーンで使えそうなレシピです。

土鍋でキムチチム

キムチチムとは、キムチを調味料とした蒸し料理で、全体からゆっくりと熱の回る土鍋で蒸すと、豚肉が柔らかく蒸し上がります。キムチの酸味と辛さがいい調味料となって、豚肉の甘さを引き立ててくれます。友人のおもてなしに土鍋をドンと出せば、喜ばれること間違いなし。また土鍋に入れて火にかけるだけの手間いらずで、一人でのんびりしたい時にも使えます。

豚肉の炭酸煮~はちみつ&レモン風味~

はちみつレモンの味わいの柔らかな豚肉が、“炭酸水で20分煮ているだけ”と種明かしされたら、あっと驚いてしまうほどの柔らかさ。はちみつとレモンという爽やかドリンクの材料が、こってりとした豚バラを清涼感のある穏やかな味わいに仕上げてくれます。角瓶やハイボールといっしょに食すと、意外なほどの相性のよさにびっくりします。

この回のコラムへ

おとくなキャンペーン

未成年の方は会員機能をご利用できません。

サントリーIDの会員としてご登録いただいている年齢が、20歳未満の場合、「レシピッタ」でのサントリーID会員機能をご利用頂くことができません。何卒ご理解をお願い致します。