サントリー レシピッタ -あなたにぴったり、お酒に合うかんたんレシピ-

お米

vol.32

2013年9月6日


何はなくともまずはお米!と言う人も多いのでは?食事の主役になることはあまりないけど日本人が大好きなお米にスポットを当てて、定番レシピから一味も二味も変わったレシピまでご紹介します。



 


この回のコラムへ

たいの飯蒸し 桜あんかけ 

一見手の込んだたいの飯蒸しが、市販のレトルト赤飯を使えばあっという間に自宅でも。塩漬けの桜を散らし、昆布だし風味のあんをたっぷりとかければ、割烹や料亭で供されるような一品ができます。気の張ったおもてなしや、お祝いの膳にはピッタリです。

トマトスープのライスボールのっけ

おにぎりといえば和食、手で持ってがぶりと食べるイメージがあります。今回の料理はチーズ入りのおにぎりをこんがりと焼いて、野菜たっぷりのスープと合わせてお洒落なカフェ風に。ちょっと小腹の空いた時に、休日のブランチに、友人のおもてなしにと使え、またライスボールのサイズを変えれば色んなシチュエーションに応用可能なのも嬉しいポイントです。

柚子こしょうあんかけオムライス

ねぎだけのシンプルなチャーハンに、とろりと仕上げたオムレツを載せ、きのこがたっぷり入ってた和風あんをかけました。爽やかなゆずの香りで、中華のあんかけチャーハンよりもあっさりと食せます。豪華に見える割に、家によくある材料で手軽に作ることができるので、家呑みの際の締めの一品にピッタリです。

野菜いっぱいモチモチ五平餅風

ご飯とじゃがいもを合わせると、モチモチ感たっぷりの生地になりました。みそとチーズという相性のいい組み合わせは、みその香ばしさにチーズの濃厚さがうまくマッチし、きんぴらの歯応えがアクセントとなってついつい手が出る美味しさに。子供のおやつや小腹のすいた時、また酒の肴にもピッタリです。

鶏とごほうの炊き込みご飯

炊き込みご飯の具の鶏肉とごぼうを、あらかじめ油で炒めて味付けして煮ています。なのでいつもの炊き込みご飯よりも深いコクと旨みが出るはず。冷めても美味しく、一口大のおにぎりにして供せば、おもてなしの一品にも使えます。また、お弁当に入れても美味しく食せます。

ジャコと梅のチャーハン

家にある材料で、手早く作れる簡単お手軽チャーハンです。一口食べれば口内に梅干しの酸味に、炒めたちりめんじゃこのカリカリとした歯応えが印象的。かつお節の旨み、大葉の爽やかな香りが残ります。仕事で遅く帰った日の夜食に、呑んだ後の締めや、休日のブランチにとシーンを問わず使える料理です。

ココット焼カレー

残り物のご飯と、買い置きのレトルトカレーですぐできる簡単メニューは、小腹が空いている時にオススメ。上と底に入れたプチトマトの酸味がカレーの濃さを洗い流し、後味をすっきりさせてくれます。休日のブランチや夜食などにも最適です。

ご飯でどんどん焼き

山形、岩手、宮城などで食されているどんどん焼きは、小麦粉を溶かしてごく薄く焼いた、具の少ないお好み焼きのようなもの。それを、小麦粉を使わずにご飯で作ると、なんとも言えないもっちり、とろりんとした不思議な食感になります。本来はソースを塗った生地を箸にぐるぐると巻きつけて供すのですが、小さく切り分けてしょうゆを塗れば、手軽な酒のつまみにピッタリの一皿になるはずです。

二度美味しい ねぎみそ焼きおにぎりとだし茶漬け

焦げたみその香ばしい香りが食欲をそそる焼きおにぎりは、一個目はそのまま食し、二個目は昆布だしをかけてお茶漬けに。昆布だしにオイスターソースとにんにく、ねぎの入った特製みそが溶け、コクのあるみそ味のスープに変身。一品で二度美味しい嬉しいサプライズも―。酒を飲んだ後の締めのご飯にピッタリです。

モチモチお米のプディング~くずもち風~

いつも食べているご飯で作った、びっくりスイーツです。米粉と卵を混ぜた生地にご飯を加えて焼くと、モチモチとした食感が生まれます。材料を加えて混ぜてオーブントースターで焼くだけと簡単なので、気の置けない友人とパーティーの始めにいっしょに作って、冷やしておけばデザートとして楽しめます。

えびのクリーミー玄米リゾット

バターとチーズの量を最少にし、シーフードを使うことでカロリーを抑えたヘルシーなリゾットになります噛めば噛むほど香ばしい玄米の風味が口内に広がり、乾煎りした玄米は、煮えやすくなり特有の生臭みも取れます。休日のブランチ、おもてなしにピッタリの一品です。

だしたい茶漬け

飲んだあとの締めに嬉しいたい茶漬けは、昆布だしさえきちんと摂れば、簡単に、しかも美味しく出来あがります。三つ葉の爽やかな香り、ゆずの苦み、プチプチとはじける香ばしい白ごまと、香り、味、食感の組み合わせの妙も楽しめるので、友達を招いての家呑みや、おもてなし最後を締めくくる一品にふさわしいでしょう。

スペアリブとトマトのパエリア 

フライパンで、手軽に作るパエリアです。ジューシーな骨付きスペアリブから出た旨みを、米が余すことなく吸い込みます。フライパンの底にできたお焦げも香り、歯応えともに旨み満点。大食漢の人にも満足の一皿に。気の置けない友人を招いてのホームパーティーにピッタリです。

麦とろ湯葉あんかけご飯  

食物繊維の豊富な麦ご飯に、ビタミン、ミネラルを豊富に含む山芋、たんぱく質の豊かな湯葉と、栄養のバランスのいい一品です。山芋にはだしを混ぜてゆるめているので食べやすく、湯葉あんとのなじみもよく、スルスルと口の中に入ってきます。少し添えたわさびの辛味と香りがアクセントになり、飲んだ後の身体に優しいご飯です。

もち米しゅうまい

飲茶などで目にすることがあるもち米をまぶした蒸し団子は、手が込んだ料理に見えますが、実はとても簡単に作ることができます。周りにまぶしつけたもち米が、団子の肉汁を吸ってジューシな蒸し上がり。モチモチとした食感とともにクセになる味です。簡単なのに華やかで腹持ちもよく、パーティーやおもてなしに供すれば、驚くこと請け合いです。

ベーコンとしめじのミルクリゾット

ひと昔前には牛乳でご飯を煮ると聞くと驚いたものですが、今では栄養豊富で消化にいい牛乳入りリゾットは、手軽に楽しめる洋風おじやとしてすっかり定着しました。手軽にできるのに、バターの芳ばしさ、ベーコンの旨み、玉ねぎ甘さが、味わい深さを添えてくれる本格派に。家によくある材料で簡単にできるので、急に思い立っ田時に作ることができる嬉しい一品です。

生ハムのライスサラダ バルサミコソース添え 

お米を野菜の一種として考え、ビネガー風味のドレッシングであえた、爽やかなライスサラダです。味の決め手は、赤ワインとバルサミコ酢を煮詰めて作ったソース。しょうゆの和のテイストにバターが洋風のコクを加えています。酒の肴にご飯ものは…という向きにも、お腹を重くさせず食せ、空腹感を満たすことが可能です。休日のブランチやお友達のおもてなしに、小さくカップに盛り付けてパーティーにと、シーンを選ばず活躍するレシピです。

バターコーンの香ばししょうゆご飯

バターしょうゆといえば、とうもろこしの王道のパートナー。ほんのり甘いとうもろこしとバターのまろやかなコク、少し焦げたしょうゆの香ばしさが食欲をそそります。今回はしょうゆバターコーンと炊きたてご飯を混ぜ合わせました。お酒の席の締めの一品に、また酒の肴に、普段のご飯にも使え、子供から大人までが好むご飯です。

ウーロン茶で作る!中華おこわ風ご飯

ウーロン茶を水代わりに使った炊き込みご飯は、炊き上がるとウーロン茶の香りがふんわりと香るあっさりとしたご飯です。切り餅をいっしょに炊くことで、うるち米がもち米のおこわ風にモッチリとした食感に。意外に手軽にできるので、おもてなしだけでなく、普段の食事にも活躍すること請け合いのレシピです。

海南チキンライス

東南アジア周辺でよく食べられている、鶏肉をゆでた煮汁で炊いた鶏ご飯です。シンプルな分、鶏の旨みを存分に堪能できます。余熱で火を通した鶏もも肉はふっくらと柔らかく、ジューシに仕上がっています。休日のブランチ、気の置けない友人を招いての家呑みなどにピッタリです。

お米せんべい~黒胡麻ソース添え~

何でできているのか分からない白いチップスは、口にした瞬間に誰もが覚えのある味にびっくり!。芳ばしい黒ごまとみそと、ピリッと辛いキムチが、ご飯で作ったチップスの味を際立たせてくれます。お洒落なフィンガーフードとしてパーティーのカナッペに、たっぷり作ってディップをすくってカウチポテトのお供にと、おもてなし、くつろぎの両シーンに使えるお役立ちレシピです。

たいのとろとろ中華粥風

中国で食べられている中華粥は、米の粒がなくなりトロトロになるまで煮込むのですが、それはかなり時間がかかるもの。今回の一品は家庭で簡単に作れるようにしたものです。このレシピなら夜急に思い立ってもすぐに作ることができます。日本のお粥と全く異なる、米のスープのような中華粥は、胃腸への負担が少ないヘルシーな料理です。

この回のコラムへ

おとくなキャンペーン

未成年の方は会員機能をご利用できません。

サントリーIDの会員としてご登録いただいている年齢が、20歳未満の場合、「レシピッタ」でのサントリーID会員機能をご利用頂くことができません。何卒ご理解をお願い致します。