サントリー レシピッタ -あなたにぴったり、お酒に合うかんたんレシピ-

パプリカ・ピーマン

vol.47

2016年8月16日


ピーマンは爽やかな苦味とシャキシャキした食感が特徴です。また、見た目が似ているパプリカはジューシーな甘さとほのかな苦味があります。色んな調理法でお酒にぴったりなおつまみに変身するピーマンとパプリカの実力とは・・・。


この回のコラムへ

ギリシャ風パプリカのパイ

しっかりと炒めた甘みのあるパプリカと塩味の強いフェタチーズを合わせてパイ包みにしました。フェタチーズとはギリシャの代表的なチーズで、塩気とコクのあるチーズです。今回はこのフェタチーズとカッテージチーズを合わせて食べやすく仕上げました。

パプリカの簡単ピクルス

ピクルス液は酢、砂糖、塩があれば作ることができるので、とても簡単です。あとは好みのハーブやスパイスを加えると、オリジンナルのピクルスが完成します。野菜類は、さっと湯通ししているのでピクルス液の染み込みもよく、簡単な殺菌にもなっています。

パプリカソースのパスタ

赤パプリカをたっぷり使ってパスタソースにしました。材料はシンプルにパプリカと旨みのあるトマト、ベーコンのみ。トースターでじっくり加熱したパプリカは甘みが増しています。味付けがシンプルなので、パプリカ本来の風味や味わいを楽しむことができます。

ピーマンとコーンの甘辛炒め 

何か一品足りない時や、すぐにお酒のアテが欲しい時などに重宝するレシピです。ピーマンのほのかな苦みとベーコンの塩気、甘辛い味付けはビールとの相性がピッタリ。コーンの甘さは焼きトウモロコシを彷彿とさせるので、ピーマンが苦手な人にも食べやすく仕上がっています。

パプリカとブロッコリーのペンネ 

パプリカの甘みとベーコンの旨みをペンネがたっぷり吸っています。にんにくを多めにしてパンチのある味わいに仕上げているので、ワインやビールのおつまみにもピッタリなパスタ料理です。パルメザンチーズを仕上げに加えると、また違った風味を楽しむことができます。

パプリカとピーマンの梅肉炒め

パプリカとピーマンを使ったシンプルな一品です。パプリカやピーマンの甘みと梅干しの酸味の相性がよく、食欲がない時には特にオススメ。アツアツもいいですが、冷蔵庫で冷やしても美味しいので、お弁当のおかずとしても活躍しそう。時間がない時でもサッと作ることができます。

パプリカとレンズ豆の赤ワイン煮 

大きめに切ったパプリカが主役のワイン煮です。赤ワインでじっくり煮込むことで、パプリカの甘みを引き出しています。ベーコンの旨みがポイントなので、脂が多めの美味しいベーコンを使うこと。一品としては勿論ですが、肉料理の付け合わせにもオススメです。

ピーマンのピリ辛ひき肉載せ

柚子こしょうの辛味を活かしたそぼろを生のピーマンにたっぷり載せます。生のピーマンは爽やかな苦みがあり、所々に塊のあるそぼろといっしょに食べると、夏らしい刺激的なおつまみになります。ビールやハイボールに手が伸びてしまいそうな味わいです。

パプリカの手毬寿司 

じっくり焼いて皮をむいたパプリカは味が濃厚になって甘みも増し、まるで刺身のようです。オーブントースターでの焼き加減が重要なポイントで、焦がし過ぎると苦みが出てしまい、焼き方が足りないと皮がむきにくくなるので注意を。様子を見ながら焼き時間は調整してください。

カラフルピーマンの肉巻き~豆乳のソースで~

ピーマンの肉巻きは定番料理ですが、今回はカラフルなパプリカとピーマンをいっしょに肉巻きにし、豆乳ソースを添えて見た目も豪華にしました。豚肉に包まれたピーマンやパプリカは柔らかく、まろやかな豆乳ソースとよく合い、おもてなし料理にもなる一品です。

イェミスタ~ギリシャ風パプリカのライス詰め~

イェミスタとはギリシャの家庭料理です。パプリカの他に、ズッキーニやトマトなどに詰める場合もありますが、今回は手軽な冷ご飯を使ってお手軽に。トロリと柔らかいパプリカにパセリ、ミントの爽やかな風味がプラスされ、奥深い味わいになっています。

ペペロナータ~イタリア風パプリカのサラダ~

パプリカが主役のイタリアでよく食べられるサラダです。パプリカをじっくりと蒸し煮にすることで、その甘さを引き出しています。そのまま食べてもいいですが、肉や魚料理の付け合わせにしたり、パンに載せるのもいいでしょう。イタリア料理なので、当然ワインとの相性が抜群です。

パプリカとあじのオリエンタルマリネ

色鮮やかなパプリカと夏が旬のあじを合わせました。マリネ液にはスイートチリソースを使ってエスニック風に仕上げているので、よく冷えたビールやハイボールと相性抜群です。粗めに刻んだピーナッツが食感と味わいのアクセントになっていて、飽きずに食べ進めることができます。

バルサミコ風味の青椒肉絲

バルサミコ酢を使ったちょっと変わった青椒肉絲です。よく煮詰めたバルサミコ酢とオイスターソースで作る調味だれは、爽やかな中にもコクがある味わい。パプリカとピーマンはあらかじめさっと炒めてから調味だれと絡ませることでシャキシャキした食感が楽しめます。

豚肉と彩り野菜のカレー

数種類のスパイスをブレンドして作る本格派のカレーです。パプリカを始めとしたたっぷりの夏野菜と、疲労回復に効果的な豚肉を使っているので、夏バテ気味の人には特にオススメ。水分が少なめのカレーなので、そのまま食べてもよし、パンに載せてもいいでしょう。

鶏ささみとパプリカのカラフルマリネサラダ

食べたい日の前日から作っておけるので、パーティの前菜やおもてなし料理のおつまみとして重宝します。レモンの酸味が利いたマリネ液に、パプリカと玉ねぎを漬け込むだけなのでとても簡単。素材の味がいきたサラダ感覚のさっぱりとしたおつまみです。

パプリカのカプレーゼ仕立て 和の香り

じっくりと加熱したパプリカは、トマトに匹敵するほどの甘さとジューシーさがあります。そこで、焼いたパプリカをトマトに見立てて、カプレーゼにしてみました。大葉と薄口しょうゆを使って和風にアレンジしているので、万人受けする味になっています。

パプリカとピーマンのチーズ天ぷら

赤・黄パプリカ、緑のピーマンを使った天ぷらを少し洋風にアレンジしました。風味付けに粉チーズと粗挽き黒こしょうを衣に加えています。パプリカは甘さとジューシーさが広がり、ピーマンはほろ苦さを味わうことができます。アツアツの揚げたては、ビールによく合います。

パプリカの塩レモン炒め 

レモンの酸味とほろ苦さ、まろやかな塩味が特徴の塩レモンを使った炒め物です。パプリカの甘みとレモンの酸味の相性がよく、淡泊な鶏ささ身がボリュームを出しています。調味料は塩レモン、塩、こしょうのみとシンプルなので、素材の味を楽しめる一品です。

パプリカと鶏の餃子

パプリカのジューシーな甘みと鶏ひき肉の旨みがたっぷりのあっさりとした餃子です。にんにくやごま油など香りの強い食材を使っていないので、シンプルにパプリカの味を堪能できます。フライパンごと食卓に出すと、豪華さを演出できるので、ホームパーティなどにも最適です。

ねぎ焼き~パプリカ添え~ 

たっぷりのねぎが入った定番料理・ねぎ焼きをアレンジしました。パプリカは皮をむいてねぎ焼きに加えています。そうすることで、パプリカの甘さがより感じられ、食感もねぎ焼きとなじんで食べやすくなります。ポン酢で食せばさっぱりとした夏らしいねぎ焼きになります。

この回のコラムへ

おとくなキャンペーン

未成年の方は会員機能をご利用できません。

サントリーIDの会員としてご登録いただいている年齢が、20歳未満の場合、「レシピッタ」でのサントリーID会員機能をご利用頂くことができません。何卒ご理解をお願い致します。